三条ライオンズクラブ

~ sanjo-lions club 2016-2017 ~

6月 22nd, 2017

第1407回例会【入会式・退任挨拶】

第1407回例会【入会式・退任挨拶】 はコメントを受け付けていません。, 例会報告, by admin.

日時:2017.06.21(水)12:30~
会場:ジオワールドビップグランド

会長挨拶・・・・・・・・・L.捧 俊雄

皆さんこんにちは、本日は今年度最後の例会であると共に新入会員の入会式も行われます。
もうすでにみなさんもご承知かと思いますが今年の初めに退会された福山匡さんのご長男の福山智巳さんが入会されます。今年度は年齢的な事情で退会された方や残念ながらお亡くなりになったメンバー合わせて6名の退会がありましたが皆さんのご協力のもと6名の新入会員を迎えることが出来きスタート時と同じ会員数で終えることが出来ました。
さて、今年度は事務局の合理化の為、様々な改革を進めましたがこれはまじかに迫った60周年はもちろんの事、我が三条ライオンズクラブが100周年を迎えるために今からできる準備を進めていくという事が前提にありました。
それと皆様の中に知っている方もいらっしゃると思いますが歴史学者のアーノルド・J・トインビーはここまでの人類の歴史を俯瞰する中で多くの滅亡した民族がいますがその理由についての一つには「自身の歴史を忘れた民族」といっています。もう一つは「物質を優先して誇りや精神的な価値をおろそかにする民族」とも言っています。
当クラブのPR委員会は主に活動の記録をホームページなどにアップし内外にPRすることですがまさに今お話しした歴史となっているわけです。その情報もより詳しく記録しメンバーがきちんと理解しさらに外部に告知をするとこが100年先まで続くクラブの前提だと思います。先だって行われました予算審議会の中でPR委員会におけるホームページ管理に対する予算を削りフェイスブックなどの簡易的なホームページを代用し写真も少なくし、さらには手間のかかる記事もいらないなどの意見がありましたがそれでは残念ながら繁栄にはつながらいと思います。それではなぜ歴史が大事なのか、これは自分に置き換えて考えればたとえば自分の両親、祖父母と自分の先祖が何をしてきたのかを知らない人は自分自身を信じることとができないのです。私は仕事柄色々な経営者と会いますが反映している会社をもつ方は間違いなく自分を信じています。反対に衰退していく経営者は自分を信じていません。所謂自信がないという事ですがそれではなぜ自信が持てるのかその根拠の一つに自分のルーツを知っているという事でしょう。自分の先祖が何をしてきてどんな貢献をしてきた結果自分があると理解できるか。まさにそれこそが自分を信じる「自信」になるのだと思います。
だからこそクラブの歴史たるホームページで先輩たちが何を考え活動してきたの知る必要がありますしこれを詳細に残すことで後に続く人たちへ渡していく義務があります。
またこれから先のクラブの繁栄のために面倒なお話をしたりお願いをしてきました。ぜひこの一年間無礼な言動がありました事は今言った思いからだという事をご理解いただければ幸いです。

入会式・・・・・・・・・・・・・・・・・司会進行L捧 孝夫
新入会員・・・福山 智巳 昭和48年9月12日生れ【スポンサーL.川崎国雄】

自己紹介・・・
まずは父が大変にお世話になりました事、あらためまして御礼申し上げます。
この度L.川崎よりスポンサーしていただき入会させて頂きました。先ほどオリエンテーションをしていただきましたがまだまだ何もわかりません。今後体で覚えていきたいと思います。これから不慣れなことから皆様にご迷惑をおかけすることが多々あろうかと思いますが何卒よろしくお願いします。

退任挨拶・・・・・・・・・
三役及び役員理事

運営委員会・事業委員会正副委員長

皆さん一年間ありがとうございました。

テールツイスターアワー・・・・・・・・・・L.水野ゆかり

一年間皆様に大変お世話になりました。おかげさまで目標をはるかに上回るドネーションを集めることが出来ました。皆様に感謝します!

 

6月 8th, 2017

第1406回普通例会

第1406回普通例会 はコメントを受け付けていません。, 例会報告, by admin.

日時:2017.06.07(水) 12:30~
会場:ジオワールドビップグランド


新たな仲間たちのスピーチです。詳しい記事は後ほど・・・

会長挨拶・・・・・L.捧 俊雄

皆さんこんにちは、本日は例会前に次年度、今年度の三役で記念撮影をしました。いよいよ年度の終盤になり振り返ると色々なことがあった年度だったと思います。クラブとしては5月27,28日には茨城県の水戸へ複合地区年次大会へ10名ほどで参加してきました。またその翌日には長岡にて4Rの引き継ぎ会がありクラブの行事ではありませんが当クラブのL.岡田(久)のご母堂様のお通夜、告別式とこちらにもたくさんのクラブメンバーからご列席を頂きました。
この席でもお話しをさせていただきましたが事務局の作業軽減のための出欠確認やら理事会、例会の準備等で皆さんからご協力をしていただいておりますが実は在籍の長いベテランメンバーから「昔はメンバーがすべて準備をしてきたんだ」とのお話しをお聞きしました。皆様方にも原点に立ち返り活動をしていくというおつもりでいて頂きたいと思います。また、今までとは違うやり方、いわゆる変化について是非とも対応していただきたいと思います。まだまだ試行錯誤しながら形を作っていきたいと思います。こちらも年度を越えて皆さんにご協力を賜りたいとお願いします。

***********************************************

L.家坂寛がご子息誕生のご報告をしました。

4月18日に長男が無事に生まれましたが私自身この年になって初めての子どもという事でかなり緊張しながらの立ち合い出産でした。自分で言うのも何なんですが私にそっくりな子供で皆さんからお祝いをいただいております。ありがとうございました。

********************************************************

アワード贈呈

333複合地区ガバナー協議会アワード伝達
ライオンズクラブ国際協会100周年記念特別感謝状
333-A地区クラブサクセス委員長:L吉田恒夫

国際協会アワード・会員キー賞の贈呈
会員2人キー賞
ライオンズクラブ国際協会100周年アワードシルバーセンテニアルアワードの伝達
100周年記念会員増強ピン受賞
L.大野信一

加藤地区ガバナーからの新入会員へのバッジの贈呈
L.本宮かおり

クラブ10ヶ年皆勤賞・・・・・・・・・L.小山広志

************************************************

会員スピーチ
・・・・・・L.内山陵一

以前に計画委員長から新入会員のスピーチを頼まれていたのですが何も考えないまま本日を迎え他の方のスピーチを聞いてから考えようと思ったのですがなぜか一番初めに自分の名前を呼ばれました。本来でしたら3時間くらい時間を頂きたいところですが委員長よりどうしても本日は2~3分でまとめてくれという事なので頑張ってしゃべりたいと思います。
それでは簡単にまずは自己紹介から。現在は県央地区にて呑み屋と新潟駅前フードバーをやっております。ライオンズクラブ入会のきっかけはL捧会長とL礒部幹事とのゴルフのお付き合いから始まりまして今日に至っております。入会からの1年間ではチャレンジ教室のような普段できないようなことを経験させて頂き普段知り合えないような人ともお話しをさせて頂いたりしました。昨日はL捧会長ほか7名でゴルフをしたのですが私は2組目で結構ガチンコのプレーをしていたのですが前の組は紅一点、L.山井恵の○○の色でかなり盛り上がっていたようです。次回は私もそちらに入らせていただきたいと思います。
入会1年くらいでまだまだお役には立ちませんが今後はもっとクラブのお役に立てるよう努力していきますので皆さんよろしくお願いします。

・・・・・・L.永井龍雄

昨年の11月に入会したばかりなのであらためまして自己紹介からさせて頂きます。家業は三条市島田で株式会社ナガイという建築業を営んでおります。会社名が株式会社ナガイという事で何屋さんと聞かれることもあるのですが今から7年ほど前に親から引き継いだ建築業を法人にしました。法人にしたのは自分の長男が後をついでくれることと思いそうしたのですが長男から「僕、美容師になりたい」といわれ非常にショックを受けましたがダメとも言えずにいた苦い思い出があります。しかし私には長岡造形大学に通う娘がおります。今年就活のこの子はもしかしたら建築デザイナーになるのかと期待しましたがわが社に云々という話もなくさみしい思いをしております。
もう一つお話しをさせて頂くとこの様な席でスピーチをする機会がないので今、膝がガクガクしております。非常にあがり症で汗もだくだくです。そのような中、しゃべるのは苦手なんですが三条の大工さんを一つにまとめるという熱い目的で三条市建築組合の会長をやっています。しかし元来わがままな大工さんたちはなかなかまとまらず2年経ちますが成果が出ないという苦しい状態にありますが若手育成の為頑張っていますが3年位するとハウスメーカーに引き抜かれてしまいます。本来大工は3年程度では一人前とは言われません。せめて10年くらい経験を踏んだ若手を育て日本伝統の和風住宅の普及に努めたいと思います。

・・・・・・・・・・L.五十嵐弘明

皆さんこんにちは、私は入会して3ヶ月くらい経ちます。今日は自己紹介からさせて頂きます。
年齢は48歳で会社は保内にあります株式会社五十嵐といいます。建築塗装と溶接をやっております。
家族構成は私と母親、妻と子どもが4人いまして孫が3人おります。永井さんには申し訳ないんですがせがれと長女がうちの会社で働いております。
趣味の方は三条凧協会に所属しておりまして諸先輩方もイカ合戦(三条では凧の事をイカといいます)のことはよくご存知だと思います。先日冨山の射水市というところに三条凧協会として呼ばれていってきたのですが射水市の凧は三条とは違い四角いものがほとんどです。その中にライオンズクラブの絵柄のものもありそれがあがった時は20人くらい冨山のライオンズクラブのメンバーの皆さんがウォーと恐ろしいくらいに叫ばれやはりさすがライオンズクラブだな関心しました。わたしもこのクラブでもっともっと色々な経験をさせて頂きたいとも追います。

・・・・・・・・・・L.本宮かおり

皆さんこんにちは最近入会させて頂きました本宮と申します。燕三条で(株)i-dインターナショナルという会社で美容室を2軒経営しておりますが内容としては美と健康をお伝えすることをお仕事としております。
具体的には髪を切るだけではなく私が常日頃考えている健康でなくては美しくないという考えからただ表面をきれいにするのではなく内面からきれいにしていくことをやっております。
そこに至る経緯として地元の三条高校を卒業し進学をするんですが人と違うことがやりたくて学校でも勉強をするというよりも常にイベント参加を重視してきました。当然卒業後はOLをするなんてことは一切考えませんでした。それじゃどうするという事になり親に好きな絵をかいて生計をたてたいといったのですが簡単に「それは無理だろ」といわれそこからいろいろ考え建築のインテリアデザインがいいんじゃないか考えその道に進みました。しかしそこは一日部屋にこもって集中するような事が多く自分が考えていたような世界ではないという事で辞めました。その後いろいろ経た後に美容師になることを決めました。やはりそこでも親には「エー!」といわれすごく反対されましたが自分の意思は固く美容の世界に入りましたその後イギリスに留学しましたがそこで初めてオーガニックとかアロマセラピーの素晴らしい世界を知りました。向こうではそれらを日常の生活に取り入れるのが当たり前でたとえば胃腸が調子が悪いときはカモミールティを飲んだりというような植物で療法していくような事がポピュラーです。そこで感銘をうけ自分の美容室をやるときは必ずオーガニックやアロマを取り入れた店をやりたいと決めました。店を開いて13年になるんですが今では髪を切る美容を柱としてカオリオーガニックというブランドを立ち上げ県外やさらには国外まで販売を拡げています。またそれに伴い日本製の美と健康のインナーというのもやっております。今世界ではメイドインジャパンがすごく注目されていますがそれを地元の三条燕のものづくりの先輩方と一緒に海外へもって行けていることに感謝しています。私自身、人とのご縁を大切にこれからも活動していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

*********************************************

会員プロジェクトチーム経過報告・・・・・リーダーL.岡田竜一


今年度は55名から始まり6名の退会が出ましたが6名の新入会員という事でプラスマイナス0という事ですがチームとしては現在も勧誘活動を続けています。また今期はもう終わりますが時期も引き続きこのプロジェクトは継続という事ですのでまた皆さんからのご協力をお願いします。

**************************************************

L・岡田久徳より会葬の御礼

去る5月31日に満93歳の母親が天寿を全うしました。通夜、告別式にはメンバーの皆さんからご参列を頂きありがとうございました。

*************************************************

テールツイスターアワー

去る5月19日に行われました333-A地区年次大会記念コンペにおいてL.笛木が優勝されました。


L.金子幸夫の会社が社名変更され県央にショップを開店されました。


先日学会に参加してきた際に健康に長生きをするためには肥満が良くないという事でした。また65歳をすぎて痩せすぎは認知症のリスクがあるそうです。65歳を過ぎたら小太り程度がよいそうです。詳しくは別の時にお話しさせて頂きます。

5月 29th, 2017

第63回333複合地区年次大会

第63回333複合地区年次大会 はコメントを受け付けていません。, ライオンズクラブからのお知らせ, 主な行事, by admin.

日時:2017.05.28
会場:茨城県立県民文化会館
総勢10名で第63回333複合地区年次大会に参加してきました。

ご当地のゆるキャラ水戸ちゃんと水戸の梅大使のお出迎えです。

 

9:20より代議員総会が始まり開会宣言は大会副議長のL.松本宰史

大会議長挨拶L.中嶋正昭、

その後大会提出議案の採決がなされその後の年次大会へ続きました。
定刻の10:40となり派手なハーレーに先導されもっと派手なピンクのアメ車のオープンカーで5名のガバナーを載せて登場し第63回333複合地区年次大会が開催されました。

歓迎の言葉・・・・・年次大会委員長L.鈴木正二

今年は国際協会100周年の年であり各地区の集大成となる発表の場となります。また大会終了後には当地水戸市には様々な徳川家ゆかりの名勝史跡があります。歴史ある水戸を十分にご堪能ください。
大会会長挨拶・・・・・・年次大会会長L.中嶋正昭

会員の皆様にはようこそ水戸地へおいでいただきました。また本日はご多用中のところ来賓の皆様にはご参加を頂きありがとうございました。私が大会会長をしておりますが複合地区は私を含めた5名でやってましりましたので4名のガバナーの皆様よりご挨拶を頂き私の挨拶に代えさせて頂きます。


333-A地区ガバナーL.加藤敏敦昨年の小山市での年次大会で挨拶をしてあっという間の1年でした。皆様のご支援のおかげです。


333-B地区ガバナーL.福田幸信後の残すところ1ヶ月となりましたが最後までみんなで仲良くやっていきたいと思います。ありがとうございました。


333-C地区ガバナーL.松本宰史入口のところにあった302E7と書いた半被がありましたがこれは333複合地区の元になっていた地区の半被でありこれを着て東京で行われた国際大会に参加していたとのことです。改めて歴史を感じますが私達も伝統を引き継いでいきたいと思います。くお願いします。


333-D地区ガバナーL.藤井良昭昨年3月にすい臓がんを言い渡されこの一年間療養のために皆様には多大なご迷惑をおかけしました。おかげさまで本日無事に大会に参加できしかも今まで乗ったことのないオープンカーまで乗せて頂き幸せに思っております。
来賓祝辞
茨城県知事 橋本昌様(公務の為欠席により副知事.菊池健太郎様代読)

世界最大の奉仕団体ライオンズクラブの第63回333複合地区年次大会の開催をお慶び申し上げます。群馬県、栃木県、新潟県、千葉県の皆様、ようこそ茨城の地へおいでいただきました。また、茨城の皆様には日ごろ大変にお世話になっております。一昨年の9月関東・東北豪雨被害に見舞われましたがライオンズクラブの皆様には大変なご支援を頂きましたがお蔭をもちまして着実に復旧復興に向かっております。さて県政に目を移しますと東日本大震災以降、7万人以上の人口減少となっております。県では急激な人口減少や少子高齢化に対応した地域づくりをやっております。そうした中、ライオンズクラブの皆様は様座な課題の解決に取り組もうとする方々の模範でありますことに深い敬意と感謝を表します。結びに本大会のご成功と皆様の益々のご発展を心からご祈念申し上げお祝いの言葉とさせて頂きます。

水戸市長 高橋 泰久様

ようこそ茨城の地へおいでいただきました。私も地元水戸ライオンズクラブに19年所属しております。関係各位に於かれましては大会開催にご尽力を賜りました事感謝申し上げます。また、日ごろはライオンズクラブ活動のご労苦に心より敬意と感謝をもうあげます。今行政では人口減少超高齢化社会の到来など大きな変化を余儀なくされております。あれもこれもという時代からあれとこれだけ、何と何にを選択するのかという時代になり取捨選択をして政策のプライオリティをきちんと未来へつないでいきたいと思います。これからもライオンズクラブが沢山ある奉仕団体のトップリーダーとしてご活躍を頂きたく行政とライオンズクラブとのつながりの充実強化を図っていきたいと思います。

祝辞・・・・・・・・国際理事L.中村泰久


333複合地区年次開催おめでとうございます。皆様ご承知の通り6月におこなれますシカゴでの大会が100周年の記念大会となりますがこの大会は単なるお祝いの会ではなく次の100年につなぐ新たなスタートの位置づけと考えております。シカゴ大会では戦略プランでありますLCIフォワードを発表させていただきます。現在は視力ファースト・環境問題・子供の飢餓問題がありますが今回新たなプログラムとして糖尿病予防.早期がん対策を追加していきます。メンバーの皆様方に於かれましても来期以降、奉仕の拡大をしていただくと共にやりたい奉仕活動ではなくて地域社会が求めている奉仕活動、そして奉仕を必要としている方々への奉仕活動を是非とも進めて頂きますようお願い申し上げます。また333複合地区では女性メンバー、若手メンバーのご活躍が大変に盛んだと見ております。これも偏に複合地区内の元国際理事の皆様、元ガバナーやベテランの皆様のご指導の賜物と女性メンバー、若手メンバーの努力と感謝申し上げます。結びにライオンズクラブ創設者のメルビンジョーンズの言葉に「我々が求めているのは奉仕の先にある友情である」どうぞメンバーの皆様にはこの言葉を胸に刻んでさらなるご活躍をご期待申し上げます。

講和・・・・・・・・ライオンズクラブ国際財団理事長・前国際会長 L.山田實紘

まさか宇宙戦艦ヤマトの歌で入場するとは思いませんでしたがハワイで2年前にこの曲でパレードをしたわけですが実はその時は軍艦マーチを使おうと思ってました。しかしさすがに真珠湾で日本人が軍艦マーチというわけにはいかずこの曲にしたわけです。でも15分のパレードの中にはちゃんと軍艦マーチも入れておきました。そしたら賛否両論わかれまして「よくやってくれた」という人と「なんで今頃そんなことをやるんだ」という方といましたが私は右翼でも左翼でもないんですが世界では日本という国が横に於かれているような感じがしてせめてライオンズクラブだけでも世界に羽ばたく日本のライオンズという事でやろうじゃないかと頑張ってまいりました。

あと2ヶ月で私の仕事も終わるわけですがライオンズの仕事の中で地球約80週、都市の数で180~200くらいの国々で日本を売ってまわりました。
おかげさまで今日本は非常に注目されています。今までは会則地域で1番がアメリカといわれてきましたがもうすぐ我々の地域OSEALが一番になります。
その中でも日本のリーダーシップが一番多いですしLCIFでは世界の6割が日本からなるものですから日本が世界の真のトップリーダーになります。今までもそうでしたが益々日本のライオンズクラブが世界の規範となり注目されます。特にこの333複合地区はFWTのコーディネーターをはじめ様々なコーディネーターを有していて日本の中でもとてもハイクオリティな複合地区とであります。
という事もあり本来であれば自分の所属地域の大会にも出席しないのですがこの大会には特別に参加させて頂きました。

100年祭に向けては私は99代の会長としてただのお祭りではなく次の100年に向けた一つの足固めだと。そして直すものは直していこうと一つのポリシーの改革してまいりました。とくに奉仕の形をどう変えていくか、またどうやって奉仕を担うて手を増やしていくか。周りの人たちに評価を得られるようLCIフォーラムを立ち上げました。もともとライオンズといえばヘレンケラーによる視力への奉仕がありますがそれもすでに100年経ちそれ以外に必要とされているものはないかと世界50万人に直接メールをし今ほんとに必要なものとして世界には糖尿病、小児ガン、飢餓という問題が浮き出てましりました。日本にいますと病気に関しては保険で様々な対応ができますが世界ではそれは稀なものでありアメリカでさえそれができない状態です。そういったことで1か月後のシカゴで新しいことが発信されると認識してください。

今まで6年間GLTではリーダーシップ、GMTでは9年間メンバーシップをやった結果として140万人を超えるメンバー数に達しました。これは100年祭への指標が叶えられたわけです。
次の新しいプログラムとしGST(グローバルサービスチーム)がスタートし本当に必要とされているサービス(奉仕)を模索しサービスを中心としてやっていきます。そのためにLCI(人)とLCIF(金)が一つになりスタートします。

今後共メンバーの皆様にはよりグローバルな活動をご期待申し上げます。
本当に本日はお招きを頂きありがとうございました。

次期ガバナーエレクト入場 議長キーの伝達


次期議長C地区ガバナーエレクトL高橋克文


A地区ガバナーエレクト・・・・L冨山道郎 

B地区ガバナーエレクト・・・・L石橋 貞

D地区ガバナーエレクト・・・・L植原 宏

E地区ガバナーエレクト・・・・L川島正行
次期大会開催地・ホストクラブ発表

次期開催
2018年5月26日前夜祭 成田ヒルトン
2018年5月27日年次大会 成田国際文化会館

5月 17th, 2017

第1405回例会報告

第1405回例会報告 はコメントを受け付けていません。, 例会報告, by admin.

日時:2017.05.17(水)12:30~
会場:ジオワールドビップグランド

会長挨拶・・・・・・・・・・・・・・・L.捧 俊雄

ようやく気温も上がってきましたが残念ながら大名行列は雨に降られ途中で断念したそうです。
また昨日今日あたりは少々気温も下がり天候が安定してません。
さて、本日は夜に次期財務委員会が開催され次年度の予算審議会が開かれます。次年度へ向けていよいよ準備も整っていく時期になりました。
また、前回の例会ではライオンズの委員会の運営と事務局の財務についてお話をさせて頂きましたがその際に資料が足りなかったりして説明不足の面もありました。後ほど時間を頂き再度、資料を見ながらの説明をさせて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その後会長から次年度以降の運営と財務についての説明を頂きました。

今期より出席確認、理事会設営、例会設営など委員会主導で行っていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

加藤地区ガバナーから新入会員へのバッジ並びにスポンサーへの感謝状の伝達

スポンサー:L.関 勉 新入会員:L.佐藤 一寿(2017.3.15入会)
スポンサー:L.礒部 敦 新入会員:L.本宮かおり(2017.3.2入会)

L.西光明よりお見舞いの御礼

3月に食道癌が見つかり入院をした際に会員の皆様よりお見舞いに駆けつけて頂きました。簡単な手術で終わりほっとしている所です。
皆様にはご心配をおかけしました事お詫び申し上げると共にお見舞いの御礼をさせて頂きます。

ライオンズローア
第63回333-A地区年次大会でガバナーズ特別個人賞を受賞されました
L.高森博とL.坂井源一です。

5月 8th, 2017

第1404回例会報告【第58回チャーターナイト記念例会】

第1404回例会報告【第58回チャーターナイト記念例会】 はコメントを受け付けていません。, 会員交流, 例会報告, by admin.

日時:2017.05.02 18:00~
会場:ジオワールドビップグランド

物故ライオンに黙祷・・・


42名の物故ライオンと事務局員の中村ヨシ子さまへ黙祷を捧げました。

本日は、4月22日に行われました333-A地区年次大会御礼としてキャビネット3役の皆様が御礼にお越しになられました。

御礼の挨拶・・・・・・・・・ガバナーL加藤敏敦

先ず以てチャーターナイト例会の貴重な時間を頂きました事御礼申し上げます。
4/22に行われました333-A地区年次大会 ですがキャビネットのその年の総決算で特に次年度への引継、そして次年度のガバナーを決める大切な選挙も行われました。おかげを持ちましてガバナーエレクト・第一副地区ガバナー・第二副地区ガバナーが決まりました。
年次大会ではL高橋重雄・L関勉・L渋谷恭則・L加藤盛幸の4名の方から出向をしていただき お手伝いをしていただきました事、重ねて御礼申し上げます。
また、会計決算の方もまだ済んではおりませんが間違いないことをご報告申し上げ御礼の挨拶とさせて頂きます。

アワード贈呈

卒寿のお祝い・・・・・・・・L高森博(大正15年9月13日生れ)
喜寿のお祝い・・・・・・・・L桑原栄助(昭和14年10月11日生れ)

~~~懇親会~~~~~~

開宴の挨拶・・・・・・・・・・会長L捧俊雄

ウィサーブ・・・・・・・・・・・・・第一副会長L関勉

アトラクションでは大ビンゴ大会で盛り上がりました!

 

4月 24th, 2017

第1403回例会【第63回333-A地区年次大会】

第1403回例会【第63回333-A地区年次大会】 はコメントを受け付けていません。, 主な行事, 会員交流, 例会報告, by admin.

日時:2017.04.22 12:30~
会場:燕三条地場産業振興センター 1F大ホール

2017年4月22日(土)燕三条地産業振興センターにてライオンズクラブ国際協会333-A地区第63回年次大会が行われました。会場には大会テーマ「獅子奮迅」のもと出席総クラブ73クラブ、出席者総数1141人もの人たちが集まりました。会場内で周囲を見渡すと総数1000名を超える関係者が一度に集まり、まさに壮観でした。

地区ガバナーによる大会開催の挨拶。

大会会長L・加藤敏敦からは挨拶の中で今回の「獅子奮迅」の意味は逞しく躍動ということとさらに会員増強の問題なども提起された挨拶をされました。


来賓祝辞
新潟県知事 米山隆一さま・三条市長 国定勇人
来賓として米山県知事、国定市長、兼子商工会議所会頭がお越しになられ、米山県知事からは最近は力を誇示し相争うケースが多い、また世の中にはライオンになれる人となれない人がいる、格差社会や人口減少の問題を危惧され、すべての人たちが住みやすい働きやすい地域をつくりたいと、これからの県政に覚悟と信念をもった挨拶をいただきました。国定市長からはライオンズクラブのサーブという言葉を引用され、市外からこられているライオンズクラブの方達に地元の商品を思いっきりアピールしていただきました。続いて兼子会頭からもライオンズクラブに対しての敬意とこれからの活動に期待を込めたあたたかい御挨拶をいただきました。

ガバナーズ特別個人賞

当クラブからL・高森博元ガバナーとL・坂井源一元ガバナーが選ばれました。

 

地区ガバナーエレクトは新潟LC所属L・冨山道郎です。

ライオンズローア

地区名誉顧問会議長 L.相田哲

記念講演・・・・・・大宮アルディージャトータルアドバイザー・サッカー日本女子前監督 佐々木 則夫氏

佐々木則夫氏による演題「目標達成へのプロセス~つなごう未来へ、新たな出会い~」についての講演が14時半から行われました。佐々木氏が監督時代に率いたなでしこジャパンの選手達の特徴はひたむき、芯が強い、礼儀正しい、相手をリスペクトする、どこに行っても挨拶をするこれが特徴であり海外から評価されたと言われました。さらに印象に残っている思い出の中に2011年ドイツWで優勝し国民栄誉賞を受賞した後、園遊会での席で天皇陛下から質問をうけたエピソード「日本のゴールキーパーが足で相手選手のシュートを防いだプレイについて」について詳しく話していただきました。そして外国選手に体格で劣る日本選手が勝つためにはどうしたら良いか考え、戦略戦術の徹底、攻守にアクションする、女性特有の目配り気配り、そして反応の速さ、切り返しの速さが大事でこれらを徹底的に磨き、さらに男子大学生相手に練習したそうです。さらに監督の心得として1自信2情熱3誠実さ4忍耐5論理的分析思考6適応能力7勇気8知識9謙虚10パーソナリティ11コミュニケーションが大事で、これらのことに常に意識されているそうです。最後に結果が悪くても出来たことと出来なかったことを整理して次につなげる、これをあきらめずに継続すると大きなものが結果としてかえってくると言われました。これらのことは個人的には会社の経営にも大きく共通しているところがあり、学ばせて頂いたと思います。

 

4月 7th, 2017

第1402回例会【入会式・選挙会】

第1402回例会【入会式・選挙会】 はコメントを受け付けていません。, 例会報告, by admin.

日時:2017.04.05(水) 12:30~
会場:ジオワールドビップグランド

会長挨拶・・・・・・L・捧俊雄

桜の季節となり気温も三寒四温と日々暖かくなってましりました。2年後に控えたCN60周年記念大会の大まかな予算も決まり会員各位には会費のほかに積立のお願いとなり大変に恐縮しております。また入会10年以上のメンバーには積立以外に特別寄付金のお願いもさせて頂きます。
さて、本日はまた新たな仲間が増えますこと心からお慶び申し上げます。今後もさらなる会員増強につとめていきたいと思います。

入会式・・・・・・・進行 会員接待副委員長 L・吉田恒夫

新入会員

本宮かおり 昭和47年4月6日生れ【スポンサーL・礒部敦】
業種:美容業
事業所名:(株)I-D international 取締役
事業所住所:〒955-0092 三条市須頃2-132 TEL0256-46-8332

自己紹介
三条市燕市で2軒の美容室を経営しております。美容師以外にも様々なサービスを提供しておりますので追々ご紹介させていただきます。
まだクラブにかんして何もわかりませんが勉強させていただきますのでよろしくお願いします。

選挙会

会長:L・関勉 前会長:L・捧俊雄 第一副会長:L・長谷川富次 第二副会長:L・小柳重行
幹事:L・渋谷恭則 副幹事:L・家坂寛 会計:L・大野信一
ライオンテーマ:L・加藤一芳 副ライオンテーマ:L・皆川泰
テールツイスター:L・石月謙二 副テールツイスター:L・金子幸夫
会員接待委員長:L・吉田恒夫 会員接待委員:L・小林章
2年理事:L・本間晃 L・五十嵐孫六 L・大島一司 L・池上勝彦
1年理事:L・川崎国雄 L・礒部敦 L・水野ゆかり L・加藤盛幸

会員スピーチ
・・・・・・・・L・坂井郁朗

L・坂井郁朗には不動産と税金についてお話しいただきました。これから不動産を売買される方は一度L・坂井郁朗にご相談されたらいかがでしょう?

・・・・・・・・L・加藤一芳

自称三条市内のベテラン不動産業のL・加藤一芳には新人の頃の先輩の教え「スピードと迫力」についてお話しいただきました。
また、現在の社員の平均年齢は20代という事で若々しくエネルギッシュな営業活動をされておられるそうです。事務所に訪問すればかわいい事務員さんがコーヒーを出してくれるそうです。 たのしみです!

アワード贈呈
プログレスMJF1000ドル献金(3回目献金)ピン受賞者・・・L・高橋重雄

加藤地区ガバナーから新入会員へのバッジ並びにスポンサーへの感謝状とバッジの伝達
スポンサー:L・笛木幸雄 新入会員:L・五十嵐弘明(2017.02.01入会)

クラブ10ヶ年皆勤賞・・・・・・・L・捧孝夫

L・高森博より会葬の御礼

長年にわたりL・高森博を陰ひなたとなり支えて頂きました奥様が3/1にお亡くなり、L・高森博には沢山ある思い出のほんの一部ですがご紹介いただきました。
メンバー一同、奥様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

3月 17th, 2017

ひとちん電波びより出演!

ひとちん電波びより出演! はコメントを受け付けていません。, ライオンズクラブからのお知らせ, by admin.

日時:2017.3.18 11:00~
会場: 燕三条エフエム サテライトスタジオ内

毎年恒例となりましたラジオハートのひとちん電波びよりに生出演してまいりました。
三条ライオンズクラブの事、個人的なこと様々なトークで楽しい時間を過ごしてまいりました。

詳しくはインターネット放送のユーストリームをご覧ください。
http://www.ustream.tv/recorded/101066098

 

3月 15th, 2017

第1401回例会報告【ゲストスピーチ・入会式】

第1401回例会報告【ゲストスピーチ・入会式】 はコメントを受け付けていません。, 例会報告, by admin.

日時:2017.03.15(水)12:30~
会場:ジオワールドビップ・スクエア

会長挨拶・・・・・・・・・・・・・・L・捧俊雄

今日はゲストに三条市消防署の救急小隊長の相場芳彦さまより「AEDを装着してください!」という演題でスピーチを頂きます。
また、3月1日にL・高森博の奥様が亡くなられましたが故人の希望で外部には出さず家族だけで葬儀を執り行ったそうです。後日ではありますがクラブからはお香典と供花料をお送り させて頂きました。それと3月9日にはL・関勉のお父様がお亡くなりになり3月13日のお通夜3月14日に告別式が行われました。L・高森の奥様並びにL・関勉のお父様には心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りします。

ゲストスピーチ「AEDを装着してください!」
講師: 三条市消防署救急小隊長 相場芳彦様

皆さんこんにちは三条ライオンズクラブにおかれましては近年、毎年三条市にAEDのご寄贈を感謝申し上げます。
本日は頂戴しました時間の中で「AEDを装着してください!」という演題でお話しをさせて頂きます。 以前は航空機などの限られたところに設備されていたAEDなのですが最近では学校や施設、お店や企業など広く設置されるようになりました。昨年のデータですが三条市には168か所に設置してあります。そのうち公共機関には81か所ございますが実はそんなに使用はされていません。三条市民が実際にAEDを装着したという事例は年間で10件程度です。なぜそんなに少ないかというと三条市の救急出動件数は昨年4000件を超えています。そのうち心臓が止まっているもしくは止まりそうな件数は100件ほどです。そういうことで一般の方がAEDを装着する場面にあたるのはそう多くないという事です。しかしゴルフ場や工場・体育館などで一般の方がAEDを装着した症例では全て社会復帰しております。先ほど言いましたように救急車の出動件数は年々増えておりそれにより現場につくのが平均8.5分程度かかっています。なので救急車が来る前に一般市民の方がAEDの措置ができると社会復帰できる確率がぐっと増えてきます。逆にAEDを使わないことで病状が悪化した場合、裁判になることもあります。是非とも皆様には講習会を受講していただき緊急時の処置を施していただきたいと思います。

入会式

新入会員・・・・佐藤一寿さま 昭和29年6月25日生(スポンサーL・関勉)
業種:農業 事業所名:佐藤農産有機センター 代表

自己紹介
生れは三条市須戸新田で学区で言いますと四中学区になります。家は代々農業でございますので自分も当然のごとく農業をすると決めておりました。そんな中で様々な地域活動をしてきたのですがこの度歴史ある三条ライオンズクラブにお誘いいただき今度は地域から三条市と範囲を広げて市民の幸せのために貢献活動ができればと思います。まだまだ未熟ではありますが精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

L・関勉より会葬の御礼

父の葬儀にはたくさんの方々よりご会葬を頂きありがとうございました。父は亡くなり前の日までとても元気で病院でも大きな声で看護師の方に何やら指示をしていたらしいですが翌朝、病院に呼ばれていきましたら脈拍も半分以下で意識もなく夕方眠るように静かに息を引き取りました。通夜、告別式におきましては皆様に多大なるお気遣いを頂き故人の長男として無事務めを果たすことが出来ましたこと皆様にご報告と御礼申し上げます。

3月 6th, 2017

第1回三条ライオンズクラブサッカー教室

第1回三条ライオンズクラブサッカー教室 はコメントを受け付けていません。, ライオンズクラブからのお知らせ, 主な行事, by admin.

日時:2017.03.04 13:00~
会場:三条ものづくり学校 多目的ホール

ライオンズクラブ国際協会100周年を記念して今期は新たな事業となるサッカー教室を開催しました。

開会式では当クラブ会長のL・捧俊雄が一流の選手と同じ空気を吸うことが大切ですと挨拶されました。

講師として元Jリーガーの井上公平選手をお招きして技術指導とゲーム形式にて実践指導をしていただきました。

井上公平選手:1978年大阪出身でジェフ市原ユース→ジェフ市原(J1)→アルビレックス新潟(J1)を経て現在はASジャミネイロ(北信越フットボールリーグ)に所属しております。

かなり高度なドリブルなど豊富な技術指導です。

ゲーム形式では狭い体育館の中、素早くパスを回しゴールを狙います。

次は大人対子供!互角のゲーム運びにびっくりです!!

特に大人チームの中では当クラブL・森和義は元サッカー少年として頑張っていました。なんと2ゴールです!